コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛兼嗣 このえ かねつぐ

2件 の用語解説(近衛兼嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛兼嗣 このえ-かねつぐ

1360-1388 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
延文5=正平(しょうへい)15年生まれ。近衛道嗣(みちつぐ)の子。右大臣をへて,嘉慶(かきょう)元=元中4年摂政,氏長者となる。従一位。嘉慶2=元中5年3月26日死去。29歳。号は後六条。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

近衛兼嗣

没年:嘉慶2/元中5.3.26(1388.5.2)
生年:延文5/正平15(1360)
南北朝時代の公家。父は近衛道嗣。母は洞院実世の娘。応安1/正平23(1368)年従三位に叙せられたのち,永和1/天授1(1375)年内大臣,永和4/天授4年右大臣を歴任。足利義満の台頭とともに,摂政・関白は義満に気脈を通じる近衛・二条の両家が独占するようになっていたが,兼嗣は嘉慶1/元中4(1387)年,二条良基のあとを受け摂政・氏長者の宣下を受けた。ところが翌月父の死にあい,喪が明けてのち復任したものの,翌年29歳で死去。号は後六条。後任には二条良基が任ぜられ,良基4度目の関白就任であった。

(湯川敏治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近衛兼嗣の関連キーワード近衛道嗣洞院実世近衛経忠近衛道嗣(1)近衛道嗣(2)近衛道経近衛基輔慈弁洞院実夏西洞院行時

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone