近衛道嗣(読み)このえ みちつぐ

美術人名辞典の解説

近衛道嗣

南北朝・室町時代公卿。基嗣の子。堀川関白また後深心院と称する。右・左大臣を経て関白・氏長者となった。足利義満と昵懇であった。日記に『愚管記』があり、道嗣の和歌は『風雅集』以下の勅撰集に四一首選入されている。また二条良基選『菟玖波集』に漢文の序を寄せている。嘉慶元年(1387)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

近衛道嗣

没年:嘉慶1/元中4.3.17(1387.4.5)
生年:正慶1/元弘2(1332)
南北朝時代の公家。父は近衛基嗣。母は家女房。暦応1/延元3(1338)年従三位。内大臣,左右大臣を経て康安1/正平16(1361)年関白・氏長者となる。号は後深心院。日記に『愚管記』(1356~83,途中一部を欠く)があり,その中で足利義詮執奏の勅撰集『新拾遺集』を衆人同意の勅撰集ではないと記し,義詮を批判している。『実冬公記』には,道嗣が足利義満とは昵懇であったが気遣いも多く,それが病を招き死に至ったとあり,詩歌はその道に達するほどではなかったが,当代においては数寄人と評され,その死は義満を落胆させたとの記述もみえる。なお二条良基選『G7EDF玖波集』に漢文の序を寄せており,互いの親交がうかがわれる。

(湯川敏治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の近衛道嗣の言及

【愚管記】より

…南北朝時代の貴族近衛道嗣の日記。記事は1354年(正平9∥文和3)より83年(弘和3∥永徳3)に至るが,現存しない部分も多い。…

※「近衛道嗣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android