コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返品制度 へんぴんせいど

1件 の用語解説(返品制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

返品制度

日本の書籍・雑誌は委託販売制といわれるが、正確には返品条件付き売買制。委託販売の場合は、メーカーや卸業者が、小売店に商品の販売を委託して、一定期間後に実売分を代金決済し、小売店は売れ残った商品を返品できる。しかし、出版社、取次会社、書店の3者間の取引は、(1)出版社と取次との間では、新刊配本分などに限った委託販売、(2)取次会社と書店との間では、新刊配本分についても、書店の注文品同様に配本当月の請求になるので委託販売ではない、(3)書店は、売れていない商品も当月請求され、しかも取次主導で次々送品されるので、資金繰り上、早めに返品する傾向にある。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

返品制度の関連キーワード委託販売介入権取次ぎ責任販売制委託売買受託販売和書売上計算書積送品出版流通の仕組み

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

返品制度の関連情報