コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返品制度 へんぴんせいど

知恵蔵の解説

返品制度

日本の書籍・雑誌は委託販売制といわれるが、正確には返品条件付き売買制。委託販売の場合は、メーカーや卸業者が、小売店に商品の販売を委託して、一定期間後に実売分を代金決済し、小売店は売れ残った商品を返品できる。しかし、出版社取次会社、書店の3者間の取引は、(1)出版社と取次との間では、新刊配本分などに限った委託販売、(2)取次会社と書店との間では、新刊配本分についても、書店の注文品同様に配本当月の請求になるので委託販売ではない、(3)書店は、売れていない商品も当月請求され、しかも取次主導で次々送品されるので、資金繰り上、早めに返品する傾向にある。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

返品制度の関連キーワード日本的商慣行三島弥太郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

返品制度の関連情報