コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迸流 へいりゅう extrusive

翻訳|extrusive

2件 の用語解説(迸流の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

迸流

噴出(effusive)または火成(eruptive)の代わりの語で,マグマが熔岩として地表に流出した状態[渡辺編 : 1935].

迸流

東京地学協会 : 1916].もともと“ほうりゆう”と読んでいたが同じ漢字を“へいりゆう”と読むようになった[渡辺編 : 1935].迸の字は“へい”または“ほう”と読み,ほとばしるの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迸流の関連キーワード角礫岩泥質岩松本信広晶洞覆蔽地下変質脱玻璃作用粒状安山岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

迸流の関連情報