逆算(読み)ぎゃくさん

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎゃく‐さん【逆算】

〘名〙
① 順序のあとの方から前へさかのぼって数えること。逆の順序で計算すること。
※随筆・還魂紙料(1826)上「宝永六年行年六十三にて没(ぼっす)とあるに逆算(ギャクサン)すれば」
② 一つの演算の逆と考えられる演算。たとえば、たし算に対するひき算、かけ算に対するわり算など。逆演算。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐さん【逆算】

[名](スル)
逆の順序で、さかのぼって計算すること。「年齢から生年を逆算する」
ある計算法とは逆の計算法。加法に対する減法など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android