コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逓増定期保険

3件 の用語解説(逓増定期保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

逓増定期保険

定期保険のうち、保険金額保険期間の経過とともに増加していくものを指す。

逓増定期保険

定期保険は、加入してから満期を迎えるまで保険金額は一定だが、逓減定期保険は加入してから保障金額が毎年一定ずつ減少する保険を指します。子供の成長や独立により年々減少していく生活費や住宅ローンなどの返済に応じた保障を合理的に確保できます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

逓増定期保険

同じ掛け捨て保険料を払い続ける間に保険金額が次第に増加(逓増)する。主に法人が契約し、死亡保険金解約返戻金役員退職慰労金などにあてることを想定している。途中解約しても契約から数年たっていれば払込額の9割ほどを払い戻す生保が多い。

(2007-03-29 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone