コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通俗三国志 ツウゾクサンゴクシ

デジタル大辞泉の解説

つうぞくさんごくし【通俗三国志】

江戸中期の読本(よみほん)。「三国志演義」の翻訳。50巻。湖南文山訳。元禄2~5年(1689~1692)刊。後漢末の中国の大乱を舞台に、群雄蜂起のありさまを描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つうぞくさんごくし【通俗三国志】

読本。五〇巻。湖南文山訳。1689~92年刊。羅貫中の「三国志演義」の翻訳。通俗軍談中人気が高く、江戸時代を通じて広く読まれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

通俗三国志の関連キーワード瑞竜軒(初代)演義体小説翻訳文学江戸時代羅貫中軍記物利き者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android