コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅貫中 らかんちゅう Luo Guan-zhong

5件 の用語解説(羅貫中の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅貫中
らかんちゅう
Luo Guan-zhong

中国,元末明初の小説家,劇作家。太原 (山西省) の人。本名,羅本。号,湖海散人。貫中は字。至正 24 (1364) 年に在世した記録があるほかは経歴が不明だが,最下級の小役人であったと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ら‐かんちゅう〔‐クワンチユウ〕【羅貫中】

中国、元末・明初の小説家。太原(山西省)の人。名は本(ほん)、号は湖海散人。著「三国志演義」「隋唐演義」「平妖(へいよう)伝」など。「水滸(すいこ)伝」の編者または作者の一人ともいう。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らかんちゅう【羅貫中 Luó Guàn zhōng】

中国,元末・明初の戯曲小説の作家。その伝記はほとんど不明で,太原(現,山西省太原市)の人であり,湖海散人と号したことが知られるにすぎない。1330‐1400年のあいだ生存していたと推定される。また彼が活動していたのは主として江浙(現,江蘇・浙江2省)地域であったらしいことが彼の《三国演義》の記述のはしばしから,うかがわれる。戯曲の作品は《趙太祖竜虎風雲会》一種が存するだけだが,それは宋の初めの歴史を扱ったものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らかんちゅう【羅貫中】

中国、元末の小説家。姓名は羅本。貫中は字あざな。生没年・経歴は不明。編著「三国志演義」「水滸伝すいこでん」「平妖伝へいようでん」「残唐五代史演義」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅貫中
らかんちゅう
(1330?―1400?)

中国、元末明(みん)初にかけての大小説家、戯曲家。名を本(ほん)といい、貫中はその字(あざな)である。湖海散人と号した。太原(山西省)の人。性格は狷介(けんかい)とされる。元末張士誠(ちょうしせい)の幕客となって抗元運動に参加し、銭塘(せんとう)において施耐庵(したいあん)とともに『水滸伝(すいこでん)』をつくったともされる。数十種の長編小説を書いたといわれ、代表作は『三国志平話(へいわ)』に基づいた『三国志演義』だが、『隋(ずい)唐両朝史伝』『残唐五代史演義』『三遂平妖伝(さんすいへいようでん)』などがいまに残されている。戯曲としては3編の雑劇を著したことが知られるが、『宋(そう)太祖竜虎風雲会』のみが現存している。[大塚秀高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の羅貫中の言及

【水滸伝】より

…中国の長編口語小説。施耐庵(1296‐1370)と羅貫中(1364生存)によってまとめられたという。《忠義水滸伝》とも標題する。…

【平妖伝】より

…北宋の1047年(慶暦7)に貝州(河北省)で起きた王則(?‐1048)の宗教的反乱を題材とするが,内容はファンタスティックで荒唐無稽なものである。もと講談であったものを,元末の羅貫中がまとめたとされる20回本と,それを明末の馮夢竜(ふうぼうりゆう)が増訂した40回本の2種類のテキストがあり,清代以降は,もっぱら後者が行われた。日本では,寛政年間(1789‐1801)に部分訳である《通俗平妖伝》が出たほか,滝沢馬琴は本書を愛読したことで知られる。…

※「羅貫中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羅貫中の関連キーワード王蒙殺狗記施耐庵伝奇陶宗儀白兎記琵琶記王紱荆釵記楚石梵琦

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羅貫中の関連情報