コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大乱 タイラン

デジタル大辞泉の解説

たい‐らん【大乱】

大いに乱れること。戦乱事変などで世の中が非常に乱れること。「応仁大乱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいらん【大乱】

戦乱などによって社会が非常に乱れること。大きな内乱。 「応仁の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大乱の関連キーワード邪馬台国・耶馬台国南北朝[中国]潰える・弊えるドニー イェン後土御門天皇蜷川親元日記白蓮教の乱会下山遺跡兆す・萌す水心子正秀伊治呰麻呂通俗三国志倭国の大乱大暦十才子応仁の乱足利義政神田正輝黄巣の乱山名持豊一向一揆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大乱の関連情報