コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通俗漢楚軍談 ツウゾクカンソグンダン

2件 の用語解説(通俗漢楚軍談の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つうぞくかんそぐんだん【通俗漢楚軍談】

江戸中期の読本(よみほん)。明代の「西漢通俗演義」の翻訳。15巻。7巻まで夢梅軒章峰、8巻から称好軒徽庵(きあん)訳。元禄8年(1695)刊。漢の劉邦と楚の項羽とを主人公に、その時代の史実を簡明な読み下し文で述べたもの。中国種の軍談物の先駆。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つうぞくかんそぐんだん【通俗漢楚軍談】

読本。一五巻。七巻まで夢梅軒章峰、八巻以降は称好軒徽庵訳。1695年刊。明代の「西漢通俗演義」の翻訳。漢の劉邦と楚の項羽との戦いを小説化したもの。のちの読本・草双紙に影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通俗漢楚軍談の関連キーワード化政文化鳥居清満読本色見本絵入り読本通俗三国志半紙本副読本『雨月物語』近世物之本江戸作者部類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone