コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通俗漢楚軍談 ツウゾクカンソグンダン

デジタル大辞泉の解説

つうぞくかんそぐんだん【通俗漢楚軍談】

江戸中期の読本(よみほん)。明代の「西漢通俗演義」の翻訳。15巻。7巻まで夢梅軒章峰、8巻から称好軒徽庵(きあん)訳。元禄8年(1695)刊。漢の劉邦と楚の項羽とを主人公に、その時代の史実を簡明な読み下し文で述べたもの。中国種の軍談物先駆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうぞくかんそぐんだん【通俗漢楚軍談】

読本。一五巻。七巻まで夢梅軒章峰、八巻以降は称好軒徽庵訳。1695年刊。明代の「西漢通俗演義」の翻訳。漢の劉邦と楚の項羽との戦いを小説化したもの。のちの読本・草双紙に影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通俗漢楚軍談の関連キーワード草双紙軍書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android