コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通気療法のいろいろ つうきりょうほうのいろいろ

1件 の用語解説(通気療法のいろいろの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

つうきりょうほうのいろいろ【通気療法のいろいろ】

 耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)や滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)は、耳管が狭くなり、中耳腔(ちゅうじくう)に十分な空気が送り込まれないためにおこります。
 そこで、耳管を介して中耳腔に強制的に空気を送り込み、これらの病気を治療するのが通気療法です。
 この通気療法は、耳管の空気の通り具合を調べる通気検査法(つうきけんさほう)としても利用されます。
 通気療法には、患者さん本人が行なえるバルサルバ法、医師が行なう子ども用のポリッツェル法、おとな用のカテーテル法などがあります。
●バルサルバ法
 鼻を指でつまみ、口を閉じて、強く息をはくと、耳管を介して中耳腔に空気が送り込まれます。
 この方法で生じる気圧は弱く、症状が軽いときでなければ効果はありません。
●ポリッツェル法
 片側の鼻の孔(あな)からゴム球を挿入し、反対側の孔は指で塞(ふさ)ぎます。そして、患者さんに水を飲み込ませるか、「ハック」「クックックー」「ガッコー」などと発音させ、同時にゴム球を圧縮して耳管から中耳腔に空気を送り込みます。両側の中耳腔に同時に空気が入ります。
●カテーテル法
 加圧空気を送るコンプレッサーにカテーテル(細い管)をつなぎ、カテーテルを片方の鼻の孔から挿入、鼻の奥の耳管の入り口にカテーテルの先端をあてて、強制的に空気を送り込みます。強力で、片側だけに行なえる理想的な方法です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

通気療法のいろいろの関連キーワード狭窄狭窄射撃狭窄症脊椎管狭窄症僧帽弁狭窄兼閉鎖不全症大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症大動脈弁狭窄症狭窄蹄 (contracted foot)蹄踵狭窄 (contracted heel)鼻涙管狭窄症 (nasolacrimal duct obstruction)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone