コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通気療法のいろいろ つうきりょうほうのいろいろ

1件 の用語解説(通気療法のいろいろの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

つうきりょうほうのいろいろ【通気療法のいろいろ】

 耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)や滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)は、耳管が狭くなり、中耳腔(ちゅうじくう)に十分な空気が送り込まれないためにおこります。
 そこで、耳管を介して中耳腔に強制的に空気を送り込み、これらの病気を治療するのが通気療法です。
 この通気療法は、耳管の空気の通り具合を調べる通気検査法(つうきけんさほう)としても利用されます。
 通気療法には、患者さん本人が行なえるバルサルバ法、医師が行なう子ども用のポリッツェル法、おとな用のカテーテル法などがあります。
●バルサルバ法
 鼻を指でつまみ、口を閉じて、強く息をはくと、耳管を介して中耳腔に空気が送り込まれます。
 この方法で生じる気圧は弱く、症状が軽いときでなければ効果はありません。
●ポリッツェル法
 片側の鼻の孔(あな)からゴム球を挿入し、反対側の孔は指で塞(ふさ)ぎます。そして、患者さんに水を飲み込ませるか、「ハック」「クックックー」「ガッコー」などと発音させ、同時にゴム球を圧縮して耳管から中耳腔に空気を送り込みます。両側の中耳腔に同時に空気が入ります。
●カテーテル法
 加圧空気を送るコンプレッサーにカテーテル(細い管)をつなぎ、カテーテルを片方の鼻の孔から挿入、鼻の奥の耳管の入り口にカテーテルの先端をあてて、強制的に空気を送り込みます。強力で、片側だけに行なえる理想的な方法です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone