コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳管狭窄症 じかんきょうさくしょうStenosis of Eustachian Tube

家庭医学館の解説

じかんきょうさくしょう【耳管狭窄症 Stenosis of Eustachian Tube】

[どんな病気か]
 耳管のはたらきが悪くなったり、耳管の中が狭くなったり(狭窄)する状態です。
 唾液(だえき)を飲み込んだり(嚥下(えんげ))、あくびをしたときに耳管が開かなくなり、空気が中耳腔(ちゅうじくう)へ入らなくなって、中耳腔の圧が下がります。このため鼓膜(こまく)の振動が悪くなって、軽い難聴(なんちょう)や耳の中がつまった感じ(耳閉感(じへいかん))がおこります。場合によっては自分の声が大きく聞こえる(自声強聴(じせいきょうちょう))こともあります。
[原因]
 上気道炎(じょうきどうえん)(かぜ)などで鼻炎、副鼻腔炎(ふくびくうえん)(蓄膿症(ちくのうしょう))、上咽頭炎(じょういんとうえん)がおこると耳管の内側の粘膜(ねんまく)が腫(は)れ、耳管の内腔(ないくう)が狭くなります。
 子どもは、アデノイド(咽頭扁桃肥大(いんとうへんとうひだい))や耳管の入り口の扁桃肥大があると、耳管のはたらきが悪くなります。
 思春期男子は上咽頭血管線維腫(じょういんとうけっかんせんいしゅ)(良性腫瘍(りょうせいしゅよう))で、成人は上咽頭(じょういんとう)がんで耳管が圧迫されると耳管狭窄になります。
 口蓋裂(こうがいれつ)をもつ子どもは、耳管を開く筋肉のはたらきが悪いために耳管狭窄になります。
[検査と診断]
 鼓膜が鼓室(こしつ)のほうへ引っ張られている程度や鼓膜の動きを手術用顕微鏡(けんびきょう)で観察します。
 また、耳管に空気を通し、空気が鼓室に入るかどうかを確認します。
 耳の聞こえ具合を調べる聴力検査(ちょうりょくけんさ)、鼓膜の動きの程度を調べるティンパノメトリーなどの検査も行なわれます。
 ファイバースコープで、上咽頭に腫瘍がないか調べることもあります。
[治療]
 原因となっている病気の治療をします。上気道炎の場合は、熱、痛みなどの急性期の症状がなくなったら、中耳腔へ空気を通す耳管通気(じかんつうき)を行ないます。これらの治療で改善しない場合は、鼓膜に小さな穴を開け、換気(かんき)チューブを留置(りゅうち)します。
 この病気を治療しないでいると、癒着性中耳炎(ゆちゃくせいちゅうじえん)(「癒着性中耳炎」)というやっかいな病気になることがあります。
 かぜをひいて鼻づまりがあるときは、気圧が急激に変化するような飛行機などに乗らないようにします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

耳管狭窄症の関連キーワード伝音難聴と感音難聴通気療法のいろいろ耳管開放症急性鼻炎耳鳴り

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android