コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通路強制 つうろきょうせいStrassenzwang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通路強制
つうろきょうせい
Strassenzwang

中世ヨーロッパで封建諸侯および都市がその支配領域で,商人や旅行者に一定の通路を通ることを強制した交通政策。初め封建諸侯が軍事・経済政策上の目的から領内の旅行者に所定交通路を強制し,その代償として交通の安全と保護を保障した措置で,12~13世紀に中世都市が勃興すると,都市の商業の繁栄を確保するため,都市周辺の支配領域を通る外部商人にその都市を通る道路を利用することが強制された。 16世紀以降ドイツで領邦国家の領域支配権が強化されると,この措置は領邦君主の財政収入源として利用されたが,一方自由な商品流通を停滞させる要因ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android