速度標語(読み)そくどひょうご

精選版 日本国語大辞典「速度標語」の解説

そくど‐ひょうご ‥ヘウゴ【速度標語】

〘名〙 楽曲の演奏速度を譜面上に文字で指定したもの。アレグロ(速く)、モデラート(中ぐらいの速さで)、ラルゴ(非常にゆっくりと)など。
※中等教育教科用楽典(1904)〈高井徳造〉三「速度を指示するには、速度標語・及び、拍節機度数とによるものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の速度標語の言及

【演奏記号】より

…メルツェル創案のメトロノームによって可能となった表示法であるので,メトロノーム記号とも呼ばれ,M.M.♩=72とも書かれる。(b)言葉(速度標語)によるもの(表1)。標語による指示は,数字によるものほどの正確さはないが,逆に,数字では表せない曲想や曲の性格をも示すことができる。…

※「速度標語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android