造物主(読み)ゾウブツシュ

大辞林 第三版の解説

ぞうぶつしゅ【造物主】

万物を創造したとされる者。造化の神。造物者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の造物主の言及

【デミウルゴス】より

… 上記の職業人がなぜ公共奉仕者を意味するデミウルゴスの名で呼ばれるようになったかについては,ギリシア人原初共同体を想定し,そこにデミウルゴス本来の社会的機能(公共奉仕)を位置づけ,社会的分化の結果として職人デミウルゴス,役員デミウルゴスが出現したと説く解釈や,インドのように村抱えの隷属職人をもたないギリシア都市国家が,その軍事的需要を調達するために組織した,特定の対国家奉仕義務(ライトゥルギー)を負わされた団体(ローマのファブリのごとき)にその起源を求める解釈がある。なお,プラトン哲学では原素材(ヒュレ)から世界を創る建築者としての神を,さらにグノーシス主義では悪しき被造世界の創造者を意味するにいたり,〈造物主〉との訳語があてられることもある。【渡辺 金一】。…

【梵天】より

…ウパニシャッド思想の最高原理ブラフマン(梵,中性)を神格化したもので,ブラフマーはその男性主格形である。ブラフマーは造物主とされ,仏教の興起した頃には,世界の主宰神,創造神と認められるようになった。宇宙は〈ブラフマンの卵(梵卵)〉と呼ばれ,ブラフマーはその宇宙卵を二つに割って,天と地を創ったとされる。…

※「造物主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android