造言(読み)ゾウゲン

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐げん〔ザウ‐〕【造言】

いつわりの言葉。つくりばなし。うそ。「造言蜚語(ひご)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐げん ザウ‥【造言】

〘名〙 こしらえごと。いつわりのことば。うそ。虚言。
※箚録(1706)「造言の刑乱民の刑などと云て、邪説の者は其儘刑罰ありて」 〔周礼‐地官・大司徒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android