コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中辺路 なかへち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中辺路
なかへち

和歌山県中南部,田辺市中部の旧町域。富田川日置川の上流域にある。 1956年二川村,近野村,栗栖川村の3村と富里村の一部が合体して町制。 2005年田辺市,龍神村,大塔村,本宮町の4市町村と合体して田辺市となった。熊野街道中辺路に沿い,地名もこれに由来。平安時代熊野参詣路の中心であった。江戸時代は野中,近露,高原に紀州藩伝馬所が置かれていた。現在,往古の中辺路に平行して国道 311号線が走るが,古道は「歴史の道」として整備されている。農林業を主とし,養鶏,施設園芸が行なわれる。中心集落の栗栖川には縫製,木工などの工場もある。南西部に栗栖川亀甲石包含層 (国の天然記念物) がある。

中辺路
なかへち

和歌山県南部の道路。熊野街道紀伊路の一部。田辺市から海岸に沿う大辺路と分れ,紀伊山地を越えて熊野三山へ通じる参詣路で,本宮までは国道 311号線にほぼ相当する。古くから熊野街道の本通りとされ,沿道には王子社がまつられ,紀州藩の伝馬所もおかれていた。本宮と新宮および那智大社の間は小雲取・大雲取越の山道をたどるか,熊野川の水運を利用するかした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

なかへち【中辺路】


熊野参詣道(くまのさんけいみち)

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中辺路
なかへち

和歌山県南部、西牟婁(にしむろ)郡にあった旧町名(中辺路町(ちょう))。現在は田辺(たなべ)市の中部を占める地域。旧中辺路町は、1956年(昭和31)栗栖川(くりすがわ)、近野(ちかの)、二川(ふたかわ)の3村が合併、町制を施行して成立。2005年(平成17)本宮(ほんぐう)町、龍神(りゅうじん)、大塔(おおとう)2村とともに田辺市に合併。熊野(くまの)街道中辺路が通り、これを町名とした。逢阪(おうさか)(大坂)峠を挟んで富田(とんだ)川と日置(ひき)川上流を占める山村。古道に沿って滝尻(たきじり)、継桜(つぎざくら)など11の王子社跡があり、高原、近露(ちかつゆ)、野中には紀伊藩の伝馬(てんま)所が置かれていた。古道は国道311号となり、逢阪峠はトンネルで越える。そのほか、南北に国道371号が走る。林業とシイタケ栽培などを行う。野中の継桜王子社の獅子舞(ししまい)(1月3日・11月3日)は県指定無形民俗文化財。なお、熊野古道中辺路は2004年に「紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」として世界文化遺産に登録された。[小池洋一]
『『中辺路町誌』全3巻(1988~1992・中辺路町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中辺路の言及

【上富田[町]】より

…紀伊水道に注ぐ富田川下流に位置し,中央部を西南に流れる富田川沿いに小低地が開け,紀南地方の穀倉地帯となっている。中心集落の朝来(あつそ)は熊野街道の海岸回りの大辺路(おおへじ)(現,国道42号線)と内陸の中辺路(なかへじ)(現,国道311号線)の分岐点で,古来交通の要地であった。国道42号線に並行して紀勢本線が走る。…

【紀伊国】より

…とくに上皇の熊野参詣は回数が多く,後白河上皇は34回にも及び,後鳥羽上皇は平均10ヵ月に1度という頻度である。1090年(寛治4)の白河上皇の最初の参詣に園城寺の増誉が先達をつとめ,その法系が代々熊野山検校に補任されたため,険阻な中辺路(なかへち)を通って本宮,新宮,那智の三山をめぐるルート(京都から往復20日~1ヵ月の行程)がこれ以降公的なものとされて一般化した。一方,上皇や貴族の高野参詣は,熊野詣に比して回数が少ないが,仁和寺の覚法法親王のごとく,一度登山すると長期にわたって参籠を続けた人物もあった。…

【熊野街道】より

…また道中の渡河点や海辺ではみそぎの場所が定められ,藤代に一鳥居,滝尻~本宮間に三百町率塔婆,発心門に大鳥居が立っていたという。この道筋は古くは紀路,鎌倉時代には熊野大道といわれ,のちには御幸道とか小栗(おぐり)街道の名があり,また田辺から奥を中辺路(なかへじ)と称している。熊野信仰熊野詣【戸田 芳実】。…

【中辺路[町]】より

…富田(とんだ)川と日置(ひき)川沿いにわずかな低地があり,集落が点在する。平安時代より熊野詣での重要ルートであった熊野街道中辺路(なかへじ)が通じており,現在,〈歴史の道熊野古道中辺路〉として整備され,それに並行して国道311号線が通る。農林業が基幹産業で,良質の杉,ヒノキ材を産出する。…

※「中辺路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中辺路の関連情報