コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置川 ひきがわ

5件 の用語解説(日置川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日置川
ひきがわ

和歌山県南西部,白浜町東部の旧町域。日置川の中・下流域を占め,太平洋に臨む。 1956年日置町,三舞村,川添村が合体して日置川町が発足。 2006年白浜町と合体。大部分が山地で,中心集落の日置は日置川河口に位置し,江戸時代から流域の木材の集散地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

日置川
ひきがわ

和歌山県南西部の川。奈良県との県境にある果無山脈に源を発し,ほぼ南西流して白浜町南部で太平洋に注ぐ。全長約 70km。流路は屈曲が多く,深い河谷を形成。上流部に 1958年完成の殿山ダム,河口に日置港がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日置川【ひきがわ】

和歌山県南部の川。長さ77km。流域面積415km2。奈良県境の安堵(あんど)山東部に発し,大塔山西側の諸水を集めて南流し日置川町(現・白浜町)で紀伊水道に注ぐ。
→関連項目日置川[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひきがわ【日置川】

紀伊半島南部を流れる川。俗に〈日置三郎〉といわれる。奈良・和歌山県境の果無(はてなし)山脈南斜面に源を発し,和歌山県西牟婁(にしむろ)郡大塔(おおとう)村から日置川町を南西に流れ,太平洋に注ぐ。全長79km,流域面積約400km2。激しく穿入(せんにゆう)蛇行し,河谷にも河口付近にも平地は乏しく,洪水も少なくなかった。明治中期までは平田舟が中流まで遡上し,下流からは米や日用品を,上流からは炭,薪などを運んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕日置川(ひきがわ)


和歌山県南部を流れる川。2級河川(日置川水系)。延長57km。紀伊(きい)山地の樫尾森(かしおもり)山(標高929m)に源を発し、曲流しつつ南西流して白浜(しらはま)町日置で太平洋に注ぐ。かつて紀州材の筏(いかだ)流しが盛んに行われた。中流に殿山(とのやま)ダムがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日置川の関連キーワード板取川磐井川ダモダル川白村江ロアール川竹田川本宮羊歯留萌川紀伊半島殺人事件日置三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日置川の関連情報