コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置川 ひきがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日置川
ひきがわ

和歌山県南西部,白浜町東部の旧町域。日置川の中・下流域を占め,太平洋に臨む。1956年日置町,三舞村,川添村が合体して日置川町が発足。2006年白浜町と合体。大部分が山地で,中心集落の日置は日置川河口に位置し,江戸時代から流域の木材の集散地。林業が主産業だったが,観光にも力を入れている。日置港は沖合漁業の根拠地。茶は名産品。海岸は吉野熊野国立公園に,渓谷美を誇る日置川峡一帯は大塔日置川県立自然公園に属する。

日置川
ひきがわ

和歌山県南西部の川。奈良県との県境にある果無山脈に源を発し,ほぼ南西流して白浜町南部で太平洋に注ぐ。全長約 70km。流路屈曲が多く,深い河谷を形成。上流部に 1958年完成の殿山ダム,河口に日置港がある。上流域は大塔日置川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日置川【ひきがわ】

和歌山県南部の川。長さ77km。流域面積415km2。奈良県境の安堵(あんど)山東部に発し,大塔山西側の諸水を集めて南流し日置川町(現・白浜町)で紀伊水道に注ぐ。
→関連項目日置川[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひきがわ【日置川】

紀伊半島南部を流れる川。俗に〈日置三郎〉といわれる。奈良・和歌山県境の果無(はてなし)山脈南斜面に源を発し,和歌山県西牟婁(にしむろ)郡大塔(おおとう)村から日置川町を南西に流れ,太平洋に注ぐ。全長79km,流域面積約400km2。激しく穿入(せんにゆう)蛇行し,河谷にも河口付近にも平地は乏しく,洪水も少なくなかった。明治中期までは平田舟が中流まで遡上し,下流からは米や日用品を,上流からは炭,薪などを運んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕日置川(ひきがわ)


和歌山県南部を流れる川。2級河川(日置川水系)。延長57km。紀伊(きい)山地の樫尾森(かしおもり)山(標高929m)に源を発し、曲流しつつ南西流して白浜(しらはま)町日置で太平洋に注ぐ。かつて紀州材の筏(いかだ)流しが盛んに行われた。中流に殿山(とのやま)ダムがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日置川の関連キーワード和歌山県西牟婁郡白浜町果無山脈県立自然公園大塔(和歌山県)日置川(旧町名)日置川〈町〉和歌山(県)日置川(川)日置川[町]青谷[町]白浜(町)大塔[村]田辺市逢坂峠大塔山中辺路小広峠百間谷青谷曲流郡築

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日置川の関連情報