連帯意識(読み)れんたいいしき(英語表記)conscience solidaire フランス語

日本大百科全書(ニッポニカ)「連帯意識」の解説

連帯意識
れんたいいしき
conscience solidaire フランス語

社会の成員相互または成員と社会との間の相互依存を支える意識、あるいは同じ社会の成員として共通に分かち持つ帰属意識。とくにフランスのレオン・ブルジョアらによる連帯主義solidarisme(フランス語)において強調された思想、すなわち自由・平等な諸個人の同意と共属感情を基礎にした連帯思想、個人主義と社会主義とを媒介する思想の実現のために重視された。それは協同組合思想にも結実した。

[田原音和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android