連想検査(読み)レンソウケンサ

デジタル大辞泉の解説

れんそう‐けんさ〔レンサウ‐〕【連想検査】

言葉(刺激語)を提示して連想語(反応語)を言わせ、それによって精神状態や人格特性を知ろうとする検査。答える語に制限のない自由連想と制限のある制限連想とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんそうけんさ【連想検査】

〘心〙 刺激語を与えて、心に浮かんだ言葉(反応語)を言わせ、被験者の心理状態を調べようとする検査。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れんそう‐けんさ レンサウ‥【連想検査】

〘名〙 精神診断法の一つ。刺激語に対して答えられた連想語には被検者の意識下の経験・思想・意見・願望などが現われると考えられ、それによって被検者の精神状態を推定する方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android