コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連星起源説 れんせいきげんせつ binary hypothesis

1件 の用語解説(連星起源説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連星起源説
れんせいきげんせつ
binary hypothesis

太陽系の起源を論じる遭遇説の一つ。 J.ジーンズ潮汐説では,惑星のもつ大きな運動量が説明できないので,1936年 H.ラッセルおよび R.リトルトンは,太陽が初め連星であったとし,そこへ第3の恒星が通過して伴星を連れ去ったと考えてジーンズ説の難点を救った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連星起源説の関連キーワード遭遇説単系統進化の法則太陽系小天体論じる太陽系外縁天体惑星系コンプトン‐ゲッティング効果多系統進化の法則太陽系起源論ラッセル=リトルトンの遭遇説

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone