コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連絡運輸 れんらくうんゆ

世界大百科事典 第2版の解説

れんらくうんゆ【連絡運輸】

広義には異なる交通企業間における旅客,貨物の直通運送をいうが,狭義にはJR(旧,国鉄)と他の鉄道,自動車,旅客船などとのものをいう。その最初は1882年に太湖汽船が琵琶湖航路を開いて,国鉄東海道線のうち未開通の長浜~大津間を連絡したときに始まる。第2次大戦前には内地だけでなく,当時の朝鮮,中国の鉄道とも連絡運輸を行い,シベリア鉄道経由でヨーロッパ各国の鉄道とも国際連絡運輸を行っていた。連絡運輸は,連絡乗車券の発売など運送契約の面だけでなく,車両の直通等により運送行為そのものについても行われる場合があり,また連絡駅の共同使用もその一つの態様である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

連絡運輸の関連キーワード側線(鉄道)相互乗入れ広義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android