進入灯(読み)しんにゅうとう

精選版 日本国語大辞典「進入灯」の解説

しんにゅう‐とう シンニフ‥【進入灯】

〘名〙 飛行場灯火の種類の一つ。夜間、飛行場に着陸しようとする航空機に対して、滑走路への正しい進入の経路を示すための白色不動光の灯列。滑走路の先端からその延長線上に設けられる。
※紅の翼(1958)〈菊村到〉「足もとを、海面に突き出た進入燈がぐんぐん遠ざかっていった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「進入灯」の解説

しんにゅう‐とう〔シンニフ‐〕【進入灯】

着陸しようとする航空機に、滑走路への最終的な進入経路を示す灯火。滑走路の手前に設置されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android