コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸然性融 いつねん しょうゆう

2件 の用語解説(逸然性融の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

逸然性融

江戸前期の渡来禅僧。長崎興福寺三代。浙江省出身。逸然は字、浪雲菴と号する。正保元年に西来し、興福寺に住する。承応元年、明の黄檗山隠元禅師に書を送りその東渡を請う。のち隠元に従い教を受ける。画を好み長崎における漢画の祖と称せられた。寛文8年(1668)寂、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸然性融 いつねん-しょうゆう

1601-1668 明(みん)(中国)の僧。
万暦29年8月1日生まれ。正保(しょうほ)元年長崎に渡来。黄檗宗(おうばくしゅう)興福寺の住持となる。隠元隆琦(りゅうき)を日本にまねくことに尽力。また明末の北宗(ほくしゅう)画風の絵を渡辺秀石,河村若芝(じゃくし)につたえ,長崎漢画の祖となった。寛文8年7月14日死去。68歳。浙江(せっこう)省出身。別号に浪雲庵。作品に「達磨(だるま)像」「観音図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

逸然性融の関連キーワード逸然兀良哈英宗生民明楽鉅鹿民部覚悔月湖(1)大明京(初代)三宅元珉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone