コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊安 ゆうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遊安 ゆうあん

?-1695 江戸時代前期の僧。
浄土宗。江戸伝通(でんずう)院の春岳にまなぶ。諸宗の教義,儒学をおさめる。霊山寺住職となり,同寺を江戸本所にたてなおした。のち常陸(ひたち)(茨城県)瓜連(うりづら)の常福寺住職。元禄(げんろく)8年1月10日死去。上野(こうずけ)(群馬県)出身。俗姓は新田。字(あざな)は廓瑩。号は光蓮社明誉念称。著作に「往生要集指麾鈔(しきしょう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遊安の関連キーワード浄土宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android