コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動所要量 うんどうしょようりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動所要量
うんどうしょようりょう

健康を維持するために望ましい運動量。省力化・機械化などにより日本人は運動不足に陥り,その一方では飽食時代という言葉に代表されるようにエネルギー摂取量は過剰傾向。そのため高血圧糖尿病高脂血症などにかかる人が増えている。運動と健康の関係は科学的にすべて解明されているわけではないが,適度な運動は病気の予防や改善に効果のあることが知られている。 1989年厚生省は「健康づくりのための運動所要量」を発表し,健康づくりのためには 50%強度の運動 (ジョギングなら笑顔で走ることができる程度の弱い運動) を,1日 20分以上,年代に応じて1週間に 140分から 180分行なうことを奨励した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android