コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運命の卵 うんめいのたまご Rokovye yaitsa

1件 の用語解説(運命の卵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運命の卵
うんめいのたまご
Rokovye yaitsa

ソ連の作家 M.ブルガーコフの小説。 1925年発表。世界的に高名な動物学者ペルシュフが,ある日,動物の生命に異常なまでの活動力を与える不思議な光線を発見し,それを研究する過程で,科学そのものとはまったく関係ない公的機関の単なる手違いから,爬虫類の大発生を生み,恐慌状態に見舞われた群衆になぐり殺されるという SF的世界が展開される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運命の卵の関連キーワード巨匠とマルガリータグラトコフシシコフブルガーコフリンブルガーアンドレイ坂キルガードの狼古典交響曲ノパルガースブルガーコフ,S.N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone