過去完了(読み)かこかんりょう

精選版 日本国語大辞典「過去完了」の解説

かこ‐かんりょう クヮコクヮンレウ【過去完了】

〘名〙 英語などで、動作、作用が、過去のある時点で完了していることを表わす動詞の表現形式。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「(ニ)雨やみたりき (ホ)雨やみたらん〈略〉(ニ)は過去のある時に於て、(ホ)は未来のある時に於て、動作のに完了せることを示す。故に過去完了、未来完了の時といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「過去完了」の解説

かこ‐かんりょう〔クワコクワンレウ〕【過去完了】

past perfect》英語・ドイツ語などの文法で、時制の一。過去のある時までの動作・状態の完了・結果・経験・継続などを表す。過去のある時より前の動作・状態が、その時となんらかのかかわりがあるものとしてとらえられるときに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android