過誤腫(読み)かごしゅ(英語表記)hamartoma

  • かごしゅ〔クワゴ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織奇形の一種。組織成分が腫瘍様に過剰発育したものであるが,それは新生物というより,組織奇形ともいうべきもので,その発育は限局性で,生物学的には良性である。正常な組織構成のなかに異常組織が混合したり,先天的に迷入したり,あるいは本来は退縮するはずの組織の残骸が残って,これらが腫瘤を形成する。本来の腫瘍も生体内において過剰な発育をとげる組織であるが,それは全体の組織機構のなかに,個体全体としての調和を破って存在し,他からの制御を受けることなく,自律的に発育する。しかし過誤腫はあくまで奇形であり,発育は限局されている。一方,過誤腫と近縁関係にあるものに奇形腫があるが,これは混合腫瘍の一種で悪性腫瘍としての性格が明らかである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android