コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過誤腫 かごしゅ hamartoma

2件 の用語解説(過誤腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過誤腫
かごしゅ
hamartoma

組織奇形の一種。組織成分が腫瘍様に過剰発育したものであるが,それは新生物というより,組織奇形ともいうべきもので,その発育は限局性で,生物学的には良性である。正常な組織構成のなかに異常組織が混合したり,先天的に迷入したり,あるいは本来は退縮するはずの組織の残骸が残って,これらが腫瘤を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かご‐しゅ〔クワゴ‐〕【過誤腫】

臓器の正常な組織成分が先天的な異常によって過剰に増殖した状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過誤腫の関連キーワード血管腫肉腫嚢腫機械組織同化組織ヴィトレインヴィトロフジット石炭組織成分石炭の成分モノマセラル

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過誤腫の関連情報