コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安喜門院 アンキモンイン

4件 の用語解説(安喜門院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんき‐もんいん〔‐モンヰン〕【安喜門院】

[1207~1286]後堀河天皇の皇后。名は藤原有子。藤原公房の娘。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安喜門院 あんきもんいん

1207-1286 鎌倉時代,後堀河天皇の皇后。
承元(じょうげん)元年生まれ。三条公房(きんふさ)の娘。母は藤原修子。貞応(じょうおう)元年入内(じゅだい)し,翌年中宮(ちゅうぐう)となる。嘉禄(かろく)2年関白近衛家実(いえざね)の娘長子(ちょうし)(鷹司院(たかつかさいん))が中宮となったので皇后となり,翌年院号宣下(せんげ)。弘安(こうあん)9年2月6日死去。80歳。名は有子。法名は真清浄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安喜門院

没年:弘安9.2.6(1286.3.2)
生年:承元2(1208)
鎌倉中期の女院。後堀河天皇の后。名は藤原有子。太政大臣三条公房の娘。貞応1(1222)年,15歳で入内。女御となり,翌年中宮に立てられた。後堀河との仲はよかったが,嘉禄2(1226)年,わずか9歳の関白近衛家実の娘長子が中宮に冊立されるに当たって,内裏より実家の三条坊門邸に退出し,皇后宮に改められた。翌安貞1(1227)年院号宣下。寛元4(1246)年出家した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

安喜門院の関連キーワード叡尊善鸞安喜門院道元の母承元無学祖元覚如安喜門院遠谿祖雄大友頼泰

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone