コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安喜門院 アンキモンイン

4件 の用語解説(安喜門院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんき‐もんいん〔‐モンヰン〕【安喜門院】

[1207~1286]後堀河天皇の皇后。名は藤原有子。藤原公房の娘。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安喜門院 あんきもんいん

1207-1286 鎌倉時代,後堀河天皇の皇后。
承元(じょうげん)元年生まれ。三条公房(きんふさ)の娘。母は藤原修子。貞応(じょうおう)元年入内(じゅだい)し,翌年中宮(ちゅうぐう)となる。嘉禄(かろく)2年関白近衛家実(いえざね)の娘長子(ちょうし)(鷹司院(たかつかさいん))が中宮となったので皇后となり,翌年院号宣下(せんげ)。弘安(こうあん)9年2月6日死去。80歳。名は有子。法名は真清浄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安喜門院

没年:弘安9.2.6(1286.3.2)
生年:承元2(1208)
鎌倉中期の女院。後堀河天皇の后。名は藤原有子。太政大臣三条公房の娘。貞応1(1222)年,15歳で入内。女御となり,翌年中宮に立てられた。後堀河との仲はよかったが,嘉禄2(1226)年,わずか9歳の関白近衛家実の娘長子が中宮に冊立されるに当たって,内裏より実家の三条坊門邸に退出し,皇后宮に改められた。翌安貞1(1227)年院号宣下。寛元4(1246)年出家した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんきもんいん【安喜門院】

1207~1286) 後堀河天皇の皇后。名は有子。藤原公房の娘。1227年、院号宣下。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安喜門院の関連キーワード後堀河天皇安貞嘉禄寛喜貞永貞応承久後堀河院民部卿典侍大納言局(2)別当典侍(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone