コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道尊入道親王 どうそんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(道尊入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道尊入道親王 どうそんにゅうどうしんのう

1676*-1705 江戸時代前期,後西(ごさい)天皇の皇子。
延宝3年12月12日生まれ。母は按察使局(あぜちのつぼね)。貞享(じょうきょう)元年親王となり昌隆(まさたか)と称した。3年出家して名を行恵とあらためる。天台宗園城寺(おんじょうじ)長吏から聖護(しょうご)院にうつり,道尊と改名。熊野三山検校(けんぎょう),新熊野検校をかねた。宝永2年9月28日死去。31歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道尊入道親王の関連キーワード公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎早野巴人アレクセイ・ミハイロビチゲーリケ光速度集義和書

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone