コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道深法親王 どうしんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道深法親王 どうしんほうしんのう

1206-1249 鎌倉時代,後高倉院(守貞親王)の第2王子。
建永元年9月4日生まれ。母は北白河院真言宗建保(けんぽ)4年仁和(にんな)寺で出家。承久(じょうきゅう)3年親王となる。寛喜(かんぎ)2年道助入道親王より灌頂(かんじょう)をうける。広隆寺別当,六勝寺検校(けんぎょう)をへて3年仁和寺門跡。金剛定院御室(おむろ)と称された。建長元年7月28日死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

道深法親王 (どうしんほっしんのう)

生年月日:1206年9月4日
鎌倉時代前期の僧
1249年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android