コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北白河院 きたしらかわいん

3件 の用語解説(北白河院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北白河院
きたしらかわいん

[生]承安3(1173)
[没]暦仁1(1238).10.3. 京都
鎌倉時代後高倉院 (高倉天皇の第2皇子) の妃藤原陳子後堀河天皇の生母。藤原基家の娘。母は平頼盛の娘。貞応1 (1222) 年准三宮の宣下をこうむって剃髪,次いで院号宣下を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北白河院 きたしらかわいん

1173-1238 鎌倉時代,後高倉院の妃。
承安(じょうあん)3年生まれ。藤原(持明院)基家(もといえ)の娘。茂仁親王を生み,承久(じょうきゅう)3年出家。親王が後堀河天皇として即位し,後高倉院の院政がはじまると,貞応(じょうおう)元年准三宮(じゅさんぐう)となり,北白河院の院号をうけた。嘉禎(かてい)4年10月3日死去。66歳。名は陳子。法名は如律。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北白河院

没年:暦仁1.10.3(1238.11.10)
生年:承安3(1173)
鎌倉前期の女院。後高倉上皇妃。後堀河天皇の母。権中納言持明院基家の娘。名は陳子。基家が後高倉の乳父であった関係から,その妻となった。承久3(1221)年7月,後鳥羽上皇が討幕の兵を挙げて敗れると(承久の乱),幕府の力で末子後堀河が天皇に推戴され後高倉院政が成立したが,それを支えたのは北白河院の甥の権臣西園寺公経とみられる。翌貞応1(1222)年4月,従三位に叙せられて准三后となり,7月院号宣下。翌年5月,後高倉が死去。その後も国母として朝廷内で重要な位置にあった。その側近は実家の持明院家や,甥の公経の西園寺家,乳母の平繁雅の一家,執事の四条家および後高倉の近臣の藤原光俊らだが,彼らはまた後堀河の有力な側近でもあった。また娘の安嘉門院は膨大な荘園群である八条院領を父院から相続したが,それを実際に管領したのは北白河院だったと思われる。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北白河院の関連キーワード安嘉門院五代帝王物語後高倉院後堀河天皇式乾門院室町院貞応後堀河院民部卿典侍惟明親王別当典侍(1)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone