コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠目/遠眼 トオメ

デジタル大辞泉の解説

とお‐め〔とほ‐〕【遠目/遠眼】

遠方までよく見える目。「―がきく」
遠くの方から見ること。また、遠くから見たようす。「―には見分けがつかない」「夜目―」
遠視。「―用の眼鏡」⇔近目

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とおめ【遠目】

遠くから見た感じ。遠くから見えるぐあい。遠見。 「 -にはよく分からない」
遠くの方がよく見えること。また、そのような目。 「 -がきく」
遠視えんし
遠物見 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遠目/遠眼の関連キーワードフォー・カマイユ透かし見るカギカズラ上甑[村]甑島列島夜目遠目鳥羽富士江戸小紋多良岳望遠鏡見分け上甑島遠物見夜目忍術遠視小紋遠方判然遠見

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android