コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤允信 えんどう さねのぶ

2件 の用語解説(遠藤允信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤允信 えんどう-さねのぶ

1836-1899 幕末-明治時代の武士,神職。
天保(てんぽう)7年生まれ。19歳で陸奥(むつ)仙台藩の奉行(家老職)となる。藩論を尊攘(そんじょう)にみちびこうとし,佐幕派に敗れ文久3年閉門。維新後奉行にもどり,戊辰(ぼしん)戦争後の処理にあたる。その後平野神社,塩竈(しおがま)神社などの宮司(ぐうじ)をつとめた。明治32年4月20日死去。64歳。通称は文七郎。号は睡竜斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

遠藤允信

没年:明治32.4.20(1899)
生年:天保7(1836)
幕末の仙台藩士。文久2(1862)年藩主に先行して上洛,尊攘運動の空気に染まり帰藩,閉門。戊辰戦争で藩が新政府に降伏したのち,藩政の指導に当たる。のち明治政府の待詔院(建白受理機関)出仕,仙台藩権参事を務めた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠藤允信の関連キーワード浅野武経伊東祐賢犬丸石雄大里八郎大野義就熊沢精佐々木男也静間彦太郎鈴木大森権十郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone