遠藤理左衛門(読み)えんどう りざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤理左衛門 えんどう-りざえもん

?-1632* 江戸時代前期のキリシタン。
元和(げんな)7年教皇パウロ5世の慰問状などに対する中国,四国のキリシタンの奉答文に署名。のち備後(びんご)(広島県)福山藩をへて,陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)につかえたといわれる。寛永8年12月22日妻マリアとともに火刑となった。洗礼名はディエゴ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android