コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤雉啄

美術人名辞典の解説

遠藤雉啄

鴫立庵主葛三門。のち鴫立庵の名蹟を継ぎ、在庵20余年に及ぶ。『鴫の井』『まつかぜ集』等著がある。弘化元年(1844)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤雉啄 えんどう-ちたく

1763-1844 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦13年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)大磯鴫立庵(しぎたつあん)8代倉田葛三(かつさん)にまなぶ。のち9代をつぐ。師の作品を編集して「葛三句集」を刊行した。天保(てんぽう)15年6月24日死去。82歳。安房(あわ)(千葉県)出身。編著に「鴫の井」「寝覚の雉子」「草野上」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠藤雉啄の関連キーワード島田立宇俳人雉啄