コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適格消費者団体(読み)テキカクショウヒシャダンタイ

デジタル大辞泉の解説

てきかく‐しょうひしゃだんたい〔‐セウヒシヤダンタイ〕【適格消費者団体】

消費者全体を代表し、その利益擁護のために差し止め請求権を適切に行使することができる適格性を備えた団体として、内閣総理大臣の認定を受けたもの。平成18年(2006)に改正された消費者契約法で規定される。→消費者団体訴訟制度特定適格消費者団体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

適格消費者団体

消費者トラブルの被害者に代わり、特定商取引法景品表示法などに反した事業の差し止め請求訴訟を裁判所に提起できる団体。解約時に返金しなかったり、虚偽表示で商品を販売していたりなどの不当行為が対象。2007年施行の改正消費者契約法に基づき、首相が認定する。昨年10月には消費者裁判手続き特例法が施行され、「特定適格消費者団体」の認定も開始。この認定を受ければ、被害者に代わって損害賠償請求訴訟を起こせるようになった。

(2017-02-04 朝日新聞 朝刊 愛媛全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

適格消費者団体
てきかくしょうひしゃだんたい

不当な契約や勧誘の被害にあった個人にかわって、事業者に契約条項の変更や勧誘の差し止めを請求することを認められた消費者団体。消費者団体訴訟制度に基づき、内閣総理大臣が認定する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

適格消費者団体の関連情報