コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適格消費者団体 テキカクショウヒシャダンタイ

3件 の用語解説(適格消費者団体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てきかく‐しょうひしゃだんたい〔‐セウヒシヤダンタイ〕【適格消費者団体】

消費者全体を代表し、その利益擁護のために差し止め請求権を適切に行使することができる適格性を備えた団体として、内閣総理大臣の認定を受けたもの。平成18年(2006)に改正された消費者契約法で規定される。→消費者団体訴訟制度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

適格消費者団体

消費者トラブルの被害者に代わり、特定商取引法景品表示法などに反した事業の差し止め請求訴訟を裁判所に提起できる団体。解約時に返金しなかったり、虚偽表示で商品を販売していたりなどの不当行為が対象。2007年施行の改正消費者契約法に基づき、首相が認定する。昨年10月には消費者裁判手続き特例法が施行され、「特定適格消費者団体」の認定も開始。この認定を受ければ、被害者に代わって損害賠償請求訴訟を起こせるようになった。

(2017-02-04 朝日新聞 朝刊 愛媛全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

適格消費者団体
てきかくしょうひしゃだんたい

不当な契約や勧誘の被害にあった個人にかわって、事業者に契約条項の変更や勧誘の差し止めを請求することを認められた消費者団体消費者団体訴訟制度に基づき、内閣総理大臣が認定する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

適格消費者団体の関連キーワードトラブルシューティング頭を抱えるゴーストライタートラブルトラブルメーカー腹を抱える御中を抱える質業トラブ・るトラブルシューター

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

適格消費者団体の関連情報