コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費者団体 しょうひしゃだんたいconsumer group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費者団体
しょうひしゃだんたい
consumer group

消費行動を通じて侵害される権利を回復し,またその利益を守るために,消費者によって自主的に組織された団体。 1950年代後半,大衆消費時代のなかで高まった消費者の生活防衛意識を背景に,便乗値上げ誇大広告の問題に対処するためにいくつかの団体が結成された。近年取り上げる主題も環境問題や地域社会の問題など多様化し,特に 1994年6月の製造物責任法 (PL法) 制定には 350万人以上の署名を集める大きな原動力となった。おもな団体には主婦連合会 (主婦連) ,全国地域婦人団体連絡協議会 (全地婦連) ,日本消費者連盟日本生活協同組合連合会 (日生協) などがある。また 1970年には国民生活センターが政府出資で設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

消費者団体の関連キーワードコンシューマーズ・インターナショナル国民生活産業消費者団体連合会日本版クラスアクション消費者裁判手続特例法全国消費者団体連絡会消費者の被害回復裁判消費者団体訴訟制度消費者ネットワーク特定適格消費者団体認定投資者保護団体日本消費経済新聞日本広告審査機構ユーロNCAP食品と表示規約国際消費者機構適格消費者団体食品表示ルール栃木太陽の会ダビング10税制国民会議

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消費者団体の関連情報