コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択毒性 せんたくどくせい

大辞林 第三版の解説

せんたくどくせい【選択毒性】

抗生物質や化学療法剤が、特定の病原菌・癌細胞などに作用して毒性を示し、他の有益な菌や正常細胞には害を与えないこと。農薬や殺虫剤などにも見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の選択毒性の言及

【抗生物質】より


【抗生物質の作用機序】
 感染症の化学療法に用いられている薬剤は,病原微生物の増殖を阻止するが,宿主の細胞への影響は少ない。これを〈選択毒性〉といい,化学療法の基礎概念である。それぞれの薬剤について作用機序を生化学的,分子生物学的に明らかにすることにより選択毒性を説明できることが多く,またそれに基づいて新しい薬剤を開発できる可能性がある。…

※「選択毒性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

選択毒性の関連キーワード蚊取り線香化学療法癌細胞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android