選言的三段論法(読み)センゲンテキサンダンロンポウ

  • せんげんてきさんだんろんぽう ‥サンダンロンパフ
  • せんげんてきさんだんろんぽう〔サンダンロンパフ〕

大辞林 第三版の解説

三段論法の一。大前提には選言命題を、小前提および結論には定言命題を取る。例えば「 S は P であるか Q である」(大前提)「 S は P である」(小前提)「ゆえに S は Q でない」(結論)。選言的推理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 伝統的形式論理学で、三段論法の一つ。大前提に選言的判断をおき、小前提で選言肢の一つを否定して、結論で他の選言肢を肯定する推理、たとえば、「aはbかcである、しかしaはbではない、ゆえにaはcである」または「aはbかcである、しかしaはcではない、ゆえにaはbである」の類のものと、小前提の選言肢の一つを肯定し、結論で他の選言肢を否定する推理、たとえば「aはbか非bである、aはbである、ゆえにaは非bではない」の類のものの二つの型がある。〔論理学(1916)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android