コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺跡探査法 いせきたんさほう

1件 の用語解説(遺跡探査法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺跡探査法
いせきたんさほう

最も基本的な方法は,地表に遺物の散布している地点を地図上に記録し,採集した遺物の種類や時代を記載するもので,表面採集法と呼ぶ。遺跡の範囲がおおむね把握され,遺構が浅い場合には,ボーリングステッキで地面を突き刺し,貝層の範囲や礎石・石室の有無を確認するボーリング法が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺跡探査法の関連キーワード地形図憲章国是星点串縫い散布剤立県漁業センサス遺物散布地移動蹴り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone