コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東胡 とうこ Tong-hu; Tung-hu

6件 の用語解説(東胡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東胡
とうこ
Tong-hu; Tung-hu

中国,春秋時代頃からモンゴルの東方にいた民族。戦国時代,燕はこれと戦い,長城を築いてその侵入を防いだ。秦代にはモンゴルの西方の大月氏 (→月氏 ) と並んで強力となり,匈奴を圧迫したが,匈奴の冒頓単于 (ぼくとつぜんう) がこれを打破し,支配下に入れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐こ【東×胡】

中国、春秋時代以降内モンゴル東部にいた狩猟遊牧民族匈奴(きょうど)を圧していたが、のち服属。烏丸(うがん)鮮卑(せんぴ)契丹(きったん)はその後裔という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東胡【とうこ】

東部モンゴリアにいた古代の狩猟遊牧民族。春秋時代から中国の史書に現れる。初め匈奴(きょうど)より優勢であったが,前2世紀匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に服属。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうこ【東胡 Dōng hú】

中国,春秋時代から漢代初めに内モンゴル東部にいた遊牧狩猟民族。匈奴つまり胡の東方に居住したことからの呼称。戦国期,直接に境を接した燕国は対策に苦しみ,上谷,遼東などの5郡をおくとともに,いまの河北省懐来から遼寧省遼陽までの間に長城を築いてその騎兵を防いだ。秦代になると一段と強盛となり,一時は匈奴を圧倒したが,前漢の初め,冒頓単于(ぼくとつぜんう)に急襲されて壊滅した。後漢代にあらわれる烏桓(うがん)と鮮卑はその後裔とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうこ【東胡】

中国の春秋時代頃からモンゴル高原東部に現れた狩猟牧畜民族。のち匈奴に服属。烏桓うがん・鮮卑などはその後裔という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東胡
とうこ

春秋時代(前770~前453)ごろからモンゴル高原東部に現れた狩猟牧畜民族。初めは、西方の月氏(げっし)とともに匈奴(きょうど)より優勢であったが、匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に討たれてそれに服属した。烏桓(うがん)、鮮卑(せんぴ)、契丹(きったん)はいずれもその後裔(こうえい)であるといわれる。東胡とはツングースの音訳であるとする説もあるが、これは、胡(匈奴)の東の民族という意味であるらしい。その人種について、モンゴル系を主とし、ツングース系の混じった混血種族であるという白鳥庫吉(しらとりくらきち)の説があるが、明らかではない。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東胡の関連キーワード帰化城モンゴル高原ラティモア内モンゴル自治区孫呉達延汗蒙古モンゴリアヤマダモンゴル赤峰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東胡の関連情報