コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼金塔 りょうきんとうLiao-jin-ta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遼金塔
りょうきんとう
Liao-jin-ta

中国,遼代の仏塔の総称。遼と金が領有していた地域で,その標識のように分布して建っている 塼築の八角十三重塔。その形式は豊麗な彫刻を施した高い基壇をもち,初層を高く造り内部に部屋はない。8面の中央に (がん) を設けて仏の坐像を納め,左右に脇侍菩薩の立像を配し,その上には天蓋を造る。また各層銅鏡で装飾し屋上に相輪を冠するなどの特徴を示す。遼陽白塔崇興寺双塔などがその代表例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

遼金塔の関連キーワード中国建築

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android