遼金塔(読み)りょうきんとう(英語表記)Liao-jin-ta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遼金塔
りょうきんとう
Liao-jin-ta

中国,遼代の仏塔の総称。遼と金が領有していた地域で,その標識のように分布して建っている 塼築の八角十三重塔。その形式は豊麗な彫刻を施した高い基壇をもち,初層を高く造り内部に部屋はない。8面の中央に (がん) を設けて仏の坐像を納め,左右に脇侍菩薩の立像を配し,その上には天蓋を造る。また各層銅鏡で装飾し屋上に相輪を冠するなどの特徴を示す。遼陽白塔崇興寺双塔などがその代表例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android