コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還魂紙 カンコンシ

3件 の用語解説(還魂紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんこん‐し〔クワンコン‐〕【還魂紙】

使い古した紙をよみがえらせる意から》漉(す)き返(がえ)しの紙。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

還魂紙
かんこんし

中国の紙名。使用済みの故紙を繊維状にほぐし、ふたたび漉(す)き返した再生紙で、日本の宿紙(しゅくし)に相当する。明(みん)の宋応星(そうおうせい)が著した『天工開物(てんこうかいぶつ)』(1637)に、中国で紙が貴重であった時代に考案されたと記してあるが、明以前の中国文献にこの名は見当たらない。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone