コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂通辰 なか みちとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那珂通辰 なか-みちとき

?-1337* 鎌倉-南北朝時代の武士。
建武(けんむ)3=延元元年南朝方にたち楠木正家をむかえて,常陸(ひたち)(茨城県)那珂郡瓜連(うりづら)城によって北朝方の佐竹貞義とたたかう。北畠顕家(きたばたけ-あきいえ)の援軍をえて,一時北朝方を圧倒するが,勢力を回復した貞義に瓜連城を攻められ,同年12月11日自刃(じじん)。常陸出身。通称は彦五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

那珂通辰の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android