コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂通辰 なか みちとき

1件 の用語解説(那珂通辰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那珂通辰 なか-みちとき

?-1337* 鎌倉-南北朝時代の武士。
建武(けんむ)3=延元元年南朝方にたち楠木正家をむかえて,常陸(ひたち)(茨城県)那珂郡瓜連(うりづら)城によって北朝方の佐竹貞義とたたかう。北畠顕家(きたばたけ-あきいえ)の援軍をえて,一時北朝方を圧倒するが,勢力を回復した貞義に瓜連城を攻められ,同年12月11日自刃(じじん)。常陸出身。通称は彦五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

那珂通辰の関連キーワード世尊寺伊俊高徳額戸正忠里見義氏根津小次郎船田経政松浦定祐覚由良具滋和田茂実

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone