コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂通辰 なか みちとき

1件 の用語解説(那珂通辰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那珂通辰 なか-みちとき

?-1337* 鎌倉-南北朝時代の武士。
建武(けんむ)3=延元元年南朝方にたち楠木正家をむかえて,常陸(ひたち)(茨城県)那珂郡瓜連(うりづら)城によって北朝方の佐竹貞義とたたかう。北畠顕家(きたばたけ-あきいえ)の援軍をえて,一時北朝方を圧倒するが,勢力を回復した貞義に瓜連城を攻められ,同年12月11日自刃(じじん)。常陸出身。通称は彦五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

那珂通辰の関連キーワード尊良親王グッドデザイン賞瓜生保元元集寂地山シャルル勅撰作者部類新田義顕妙心寺阿蘇五岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone