那須資景(読み)なす すけかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那須資景 なす-すけかげ

1586-1656 江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)14年生まれ。那須資晴の長男。父が小田原攻め遅参の罪で領地を没収されたあと,豊臣秀吉に謝罪し,下野(しもつけ)(栃木県)福原に5000石をあたえられる。関ケ原の戦い大坂の陣では徳川方に味方し,下野福原藩主那須家初代となる。1万4000石。明暦2年1月25日死去。71歳。幼名は藤王丸,与一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android