コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡崩れ こおりくずれ

1件 の用語解説(郡崩れの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こおりくずれ【郡崩れ】

1657年(明暦3)大村藩郡地方(長崎県大村市)を中心に608名の潜伏キリシタンが検挙された事件。崩れとは検挙事件をいい,郡崩れは最初のもの。長崎・大村・平戸・佐賀・島原5ヵ所に投獄,411名が死罪,99名が放免,20名が永牢に処され,78名が牢死した。事件後の厳重な検索と仏教政策により大村藩のキリシタンは木場・外海(そとめ)地方を除いて壊滅する。幕府も検索を強化し,豊後崩れが起こる。【片岡 千鶴子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郡崩れの関連キーワード大村稲田又左衛門大村純庸大村純信大村純煕大村純尹大村純保大村純昌久松源五郎福田弘人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone