コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡崩れ こおりくずれ

世界大百科事典 第2版の解説

こおりくずれ【郡崩れ】

1657年(明暦3)大村藩郡地方(長崎県大村市)を中心に608名の潜伏キリシタンが検挙された事件。崩れとは検挙事件をいい,郡崩れは最初のもの。長崎・大村・平戸・佐賀・島原5ヵ所に投獄,411名が死罪,99名が放免,20名が永牢に処され,78名が牢死した。事件後の厳重な検索と仏教政策により大村藩のキリシタンは木場・外海(そとめ)地方を除いて壊滅する。幕府も検索を強化し,豊後崩れが起こる。【片岡 千鶴子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android