コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡葆淙 こおり ほそう

1件 の用語解説(郡葆淙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郡葆淙 こおり-ほそう

1847-1918 明治時代の神職,政治家。
弘化(こうか)4年4月2日生まれ。もと筑前(ちくぜん)福岡藩士。青柳種信(たねのぶ)の説に傾倒して国学をまなび,筥崎(はこざき)宮,伊勢神宮などの神職をつとめる。のち帰郷し有志らと国会開設運動をすすめ,明治25年衆議院議員にえらばれた。大正7年3月27日死去。72歳。名は保宗。通称は直澄,利。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

郡葆淙の関連キーワード狩野利房指田詮沢田頼徳須田伊織高津運記寺井種清幡鎌隆俊宮崎元胤宮西諸助六人部是愛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone