コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少領 ショウリョウ

大辞林 第三版の解説

しょうりょう【少領】

わずかな領地。
律令制で、郡司の次官。すけのみやつこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の少領の言及

【郡司】より

…律令国家の地方行政組織の基礎単位である郡の官人の総称。広義には長官・次官の大領(たいりよう)・少領(しようりよう)と書記にあたる主政(しゆせい)・主帳(しゆちよう)の四等官(正員)を意味する。狭義には大領・少領のみをいい,この場合は郡領(こおりのみやつこ)といった。…

※「少領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

少領の関連キーワード采女(女官)阿須波束麻呂志太郡衙跡大化改新詔依知秦福行出雲弟山国造雄万春澄善縄大化改新膳伴家吉郡司召四等官直仁徳次官国造領地采女郡家郡領

少領の関連情報